一般診療内容 SERVICE

歯周病

歯周病の初期症状は歯肉炎です。
歯肉炎とはお口の細菌の影響で、歯茎が赤く腫れてしまった状態です。
歯磨きをすると出血するのが特徴になっています。
歯肉炎を放置してしまうと歯周炎へと進行していきます。
歯周炎は歯を支えている顎の骨が溶けてしまう症状です。
顎の骨が溶ける他にも歯茎から膿が出てくることもあり口臭がひどくなるのも歯周炎の症状です。
歯周病は自覚症状が出るまで時間がかかることが多く、早期のうちに治療を開始できる患者さんは少ないです。
また近年歯周病と全身疾患との関連性が明らかになってきました。
歯周病の進行はある程度予防できます。予防するためには歯周病の治療や治療後のメインテナンスを受けると良いです。
治療やメインテナンスでは歯と歯茎の間にある歯周ポケットという溝の細菌の活動性を低下させます。歯周ポケット内には歯周病原因細菌が多く潜んでいて歯ブラシだけでは十分に除去ができません。
他に歯周病予防に有効なのは日頃患者さんが行う歯磨きです。
歯科医院では歯磨きがしっかりできているかチェックするため何度か通院して歯磨きを見させていただきます。もし、歯磨きの仕方が不十分であった場合は磨き方を習得してもらい日頃の歯磨きで実行してもらうのです。

歯周病の進行度

予防歯科

「歯が痛い」「歯茎が腫れた」など、お口のトラブルが出てから歯科医院に来院される患者さんが多いですが、なるべく自分の歯や歯茎を健康に保つために、お口のトラブルが最小限になるように歯科医院に通うことがとても大切です。
予防歯科で大切になるのは歯科医師や歯科衛生士の行うプロフェッショナルケアと、患者さんが自宅で行うセルフケアです。
セルフケアでは歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを併用し口の中を清潔に保ちましょう。

  • ブラッシング指導

    患者さんがしっかり歯を磨けるようにブラッシング指導を行います。歯磨きの仕方は患者さんお一人お一人にあったオーダーメイドのもので、歯並びや歯の大きさなども考慮してあります。

虫歯の治療

虫歯は口の中にいる細菌が歯垢(プラーク)をエサにして酸を産生することで歯を溶かして進行していきます。
溶けてしまった歯を削ってプラスチックの詰め物(レジン)や被せ物で補うのが一般的な治療法です。
虫歯の大きさによって詰め物にするか被せ物を作るか決定します。
虫歯が小さければその日のうちに治療が終わるレジンを選択する場合もあります。
大きな虫歯の場合は歯を多く削るので被せ物を被せて補強します。歯の型取りが必要になるので数回来院していただく必要があります。被せ物に関しては、セラミックや金属など様々な種類があります。また、歯を失ってしまった場合においても義歯やブリッジ等の治療方法において様々な種類がありますので、ご相談して下さい。

e-max
(セラミック)
ジルコニア
(人工ダイヤモンド)
メタルボンド
(表面セラミック 内部金属)
ゴールド
(金)
色調再現性 ★★★★ ★★★ ★★★★ ×
光の透過性 ★★★ ★★ × ×
強度 ★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★
生体親和性 ★★★ ★★★ ★★
被せ物の価格
(1歯あたり)
¥90,000(税別) ¥100,000(税別) ¥85,000(税別) ¥90,000(税別)
詰め物の価格
(1歯あたり)
¥45,000(税別) ¥50,000(税別) ¥45,000(税別)
表のは、おおまかな比較の目安です。
歯の土台の治療が必要な場合は、別途1歯あたり¥13,000(税別)が治療費に加わります。
仮歯が必要な場合は、別途1歯あたり¥1,500(税別)が治療費に加わります。
表のは、おおまかな比較の目安です。
歯の土台の治療が必要な場合は、別途1歯あたり¥13,000(税別)が治療費に加わります。
仮歯が必要な場合は、別途1歯あたり¥1,500(税別)が治療費に加わります。

おびなたデンタルオフィスでは自由診療において上記のクレジットカードがご利用可能となっております。
詳細に関しましては、お気軽にご相談ください。

小児歯科

お子さんの虫歯は大人の虫歯に比べて進行が早いです。
歯医者さんが嫌いで、治療に恐怖感を抱くお子さんが多いので治療を始める前にどんな治療をするのか・これから口の中でどんな器具を使うのかを説明し、安心感を与えます。お子さんの治療には保護者の方にも協力してもらう必要があります。フッ素での虫歯予防、虫歯になりにくい習慣のアドバイス、歯の生え変わりや歯並びのチェックなど、それぞれのお子さんに応じて説明します。
また当院では1F小児科と連携し、お子さんにとってより安心な歯科医療をご提供致します。
歯科医院と保護者の方で協力してお子さんのお口の健康を守っていきましょう。

根の治療

虫歯が進行すると歯の根に細菌や膿が溜まることがあります。違和感を訴えて来院する患者さんも多いです。
虫歯と同じで細菌が原因で起きるので、痛みや炎症が強い場合は症状改善のために抗生物質を投与する場合もあります。
根の治療は複数回にわたって治療しなければ効果が期待できないので患者さんにもご協力いただく必要があります。