歯周病について Periodontal disease

歯周病について Periodontal disease

歯周病

歯を失う原因の第一位、症状が特になくても要注意です。

歯を失う原因の第一位、症状が特になくても要注意です。

歯周病の初期症状は歯肉炎です。
歯肉炎とはお口の細菌の影響で、歯茎が赤く腫れてしまった状態です。
歯磨きをすると出血するのが特徴になっています。
歯肉炎を放置してしまうと歯周病へと進行していきます。
歯周病菌がバイオフィルム(細菌の塊)を形成し、歯茎に炎症を引き起こすことによって、歯の周囲の顎の骨が溶けてしまう病気です。
重度の歯周病になると歯茎から血や膿が出たり、口臭が気になります。
歯周病は自覚症状が出るまで時間がかかることが多く、早期のうちに治療を開始できる患者さんは少ないです。
また近年歯周病と全身疾患との関連性が明らかになってきました。
歯周病の進行はある程度予防できます。予防するためには歯周病の治療や治療後のメインテナンスを受けると良いです。
治療やメインテナンスでは歯と歯茎の間にある歯周ポケットという溝の細菌の活動性を低下させます。歯周ポケット内には歯周病原因細菌が多く潜んでいて歯ブラシだけでは十分に除去ができません。
他に歯周病予防に有効なのは日頃患者さんが行う歯磨きです。
歯科医院では歯磨きがしっかりできているかチェックするため何度か通院して歯磨きを見させていただきます。もし、歯磨きの仕方が不十分であった場合は磨き方を習得してもらい日頃の歯磨きで実行してもらうのです。

歯周病の進行度

歯周病の治療の流れ