歯周病について Periodontal disease

歯周病について Periodontal disease

歯周病とは

歯を失う原因の第一位、症状が特になくても要注意です。

歯を失う原因の第一位、症状が特になくても要注意です。

歯周病の初期症状は歯肉炎です。
歯肉炎とはお口の細菌の影響で、歯茎が赤く腫れてしまった状態です。
歯磨きをすると出血するのが特徴になっています。
歯肉炎を放置してしまうと歯周病へと進行していきます。
歯周病菌がバイオフィルム(細菌の塊)を形成し、歯茎に炎症を引き起こすことによって、歯の周囲の顎の骨が溶けてしまう病気です。
重度の歯周病になると歯茎から血や膿が出たり、口臭が気になります。
歯周病は自覚症状が出るまで時間がかかることが多く、早期のうちに治療を開始できる患者さんは少ないです。
また近年歯周病と全身疾患との関連性が明らかになってきました。
歯周病の進行はある程度予防できます。予防するためには歯周病の治療や治療後のメインテナンスを受診されると良いです。
治療や治療後のメインテナンスでは、歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットという溝の部分に存在する歯周病菌の数を減らし、活動性を低下させる事が目的です。 その為には歯科医院における定期的なプロフェッショナルケアと、ブラッシングなどの日常生活における正しいセルフケアが必要です。 お口の中の健康維持の為に、定期的なご来院をお勧めします。

歯周病の進行度

歯周病の治療の流れ

妊婦さんと歯周病

女性が妊娠すると、歯茎の腫れや出血などの症状が特徴である歯周病になりやすくなります。
これは、妊娠中に女性ホルモンの分泌が乱れることにより、歯周病の原因菌の一つである、Prevotella intermedia(プレボテラ インターメディア)という細菌の活動が活発化するためです。
また歯周病は歯茎の状態だけでなく、早産や低体重児出産のリスクも高めると報告されています。
これは、歯周病の炎症によって分泌されるプロスタグランジンなどの物質が子宮に影響する為と考えられています。
当院は福山市の妊婦歯科検診の実施協力医療機関ですので、お気軽にご相談ください。